2012年 05月 18日

路傍の花と響きあう

最近、買物の行き帰りは目線を低くして歩いていることが多い。 
街路樹の根もとにも、道端にも、色々な花が咲いている。
今日は初夏の一日花「昼顔」を楽しませていただこう。
3つの器にいけてみた...素朴な焼物は路傍の花と響きあう。

何度も火をくぐって、かりかりとした美濃匣鉢(さや)
a0259182_834430.jpg


ストーンウェア壺(ドイツ13~14C) (売約)
a0259182_17542232.jpg


ひしゃげた須恵器(or新羅?)高坏(売約)
a0259182_17542497.jpg

[PR]

by umakoshii | 2012-05-18 09:00 | 陶磁器


<< 初期伊万里の矜持      大小 >>