骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 21日

思わずニンマリ

鴻巣人形(埼玉県・鴻巣)-熊にのる金太郎-である。
日本民芸館のコレクションにあるような衣装人形とは異なる意匠のものである。
鴻巣人形も江戸後期から作られていたらしいが、これは大正~昭和というところか?
テーブルの上に置いておいたら、うちのマコ様(認知症の母、86歳)が言った。
「かわいいね。これを見たら、腹がたってても、おさまるね」
<高さ10㎝>(売約)
a0259182_1674032.jpg

[PR]

by umakoshii | 2012-06-21 20:23 | その他


<< 燕      疵があってはいけませんか? >>