2012年 09月 10日

ポッケのある白磁半筒盃

大疵ですが、なかなか魅力的な白磁半筒盃です。
見込みには薄青い釉溜りがあり、鉄分の点はほくろのよう。
<径6 / 高3.8㎝>  (売約)
a0259182_042143.jpg

ひっつきの取り跡は酒精がひそむポッケです。
a0259182_045276.jpg

高台内も施釉され、プクリと盛りあがっています。
a0259182_0431062.jpg

この盃は故H氏、T氏をへて、私の元に来てくれました。
初期伊万里ということですが、李朝の感じもする盃です。
[PR]

by umakoshii | 2012-09-10 00:46 | 陶磁器


<< 青空にゆれるウランガラス      ちょっとない茶箪笥 >>