骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 10日

北欧と朝鮮のフォルム

北欧ミッドセンチュリーの陶器と朝鮮の新羅および高麗の土器。
国も時代も違うけれど、何か響きあうものがある。
(『種種の古道具展』に出品)
a0259182_13394183.jpg

左端はSwedenのGunnar Nylund/グナー・ニールンド(1904-1989)の花器。
Rorstrand社時代、1950年頃の作と思われる。
<径8~10 / 高12㎝> (売約)
a0259182_13565888.jpg

a0259182_13571710.jpg


真中は新羅土器。
焼きしめた肌に少し降りかかった灰釉が見どころ。
<径8~10 / 高12㎝> (売約)
a0259182_1415314.jpg


右端は高麗の壺。
偏壺になりかけ、といった風情がかわいい。
<径9~11 / 高12㎝>(売約)
a0259182_1422871.jpg

[PR]

by umakoshii | 2012-10-10 07:13 | 陶磁器


<< ブリキの味      へたれの美~鶏龍山 >>