2012年 12月 13日

えばってない信楽

この壺は貧しい農家の納屋の片隅で、種壺として朴訥に働いていたに違いない。
(妄想してますな~?)
釉もかかっておらず、檜垣文もなく、肩もはっていない...が、そこがいいと思う。
桃山~江戸初期頃。 <口径11~胴15, 高20㎝>
a0259182_23114496.jpg

宿り木とのコラボ。
a0259182_2313375.jpg

[PR]

by umakoshii | 2012-12-13 23:15 | 陶磁器


<< 中近東の鹿~ルリスタンとバカラ      伊万里は楽しい >>