2013年 02月 24日

黒白、赤と黒

池波正太郎やスタンダールではありません。
日本の道具の紹介です。
まずは繭皿(だと思うのですが)。
薄い木地(以外と手取りが重い)に和紙を張り、黒漆をかけているようです。
周囲の漆が剥げて、白がのぞいて...う~ん、カッコいい。
<径28 / 高5.5㎝> (売約)
a0259182_1894590.jpg


次は日の丸皿。
漆の状態から、そこそこ古いことがうかがえますが、状態はよいです。
(漆の写真は難しい、実際の色は赤も黒ももっと深くあざやかです)
これにのせたいもの?...うさぎやのうさぎ万頭、長命寺の桜餅、言問団子、
茂助だんご.....(まだまだ続く)
<径16 / 高2.5㎝> (売約)
a0259182_18103981.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-02-24 18:11 |


<< 昭和のカワイイ      東北のモダン~会津本郷の印判 >>