骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 01日

どうしよう?~常滑不識壺

平和島の出品、まだ迷っている。
常滑不識壺も持っていこうか、どうしようか?
達磨と武帝の問答にちなんで、「不識」と命名されたという常滑の蔵骨壺。
鉄分の多い灰色の土、褐色に焼き締められた肌と黄土色の自然釉から
室町時代と判断している。
<口径15-17㎝ / 高15㎝> (売約)
さて、どうしよう...
a0259182_1543167.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-05-01 15:46 | 陶磁器


<< ブサオ君からひとこと      『平和島全国古民具骨董まつり』... >>