骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 10日

道具になりきれなかったが...

この丹波のぶち割れ鉢、釣針を作る時の道具だとか。
(以前の記事「新緑の楓」で楓をいけたもの)
鉄を溶かすのか、冷ますのか、その道具として焼成されたのに、
窯の中でへたり、割れてしまった。
道具になりきれなかったが、それゆえに造形としておもしろくなった。
(売約)
a0259182_23323545.jpg

今日はユリをいけてみた。
a0259182_23255662.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-10 23:33 | 陶磁器


<< ゴリゴリした匣鉢      江戸のモダン~柿右衛門手の白磁皿~ >>