骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 17日

瀬戸いろいろ(1)~古瀬戸おろし皿

ほとんどかせているが、少し残った釉がなんとも魅力的だ。
ビードロ釉がつぶつぶになって、小さなガラス玉をくっつけたよう。
荒々しい土味とガラス質の妙、これを生んだのは火と土と水と時。
室町時代 <径13 / 高3.5> (売約)
a0259182_1754168.jpg
a0259182_1755129.jpg
a0259182_176526.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-10-17 17:08 | 陶磁器


<< 瀬戸いろいろ(2)~瀬戸紙摺印判皿      ついつい...漆火薬入れ >>