骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 02日

縄文の眼

縄文土器としては地味ですが、このなんでもない形が好きです。
黒い焦げが作り出す景色が渦のようでもあり、眼のようでもあり。
この縄文の眼は長い長い年月、何を見てきたのでしょう。
人間は果たして進化しているのか、退化しているのか...
縄文晩期 青森県出土 <口径8.5 / 高15㎝> (売約)
a0259182_2359798.jpg

a0259182_013238.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-03-02 00:04 | 陶磁器


<< 明日は平和島最終日      西荻から平和島へ >>