2016年 09月 23日

表情ゆたかな土器

<アップデート>
現物をご覧になった方にご教示いただいたのだが、白い土や全体に施された擦文から
北海道・東北地方北部に分布する擦文土器(7~13世紀頃)かもしれないとのこと。
擦文土器は奈良・平安時代における大和朝廷の北進によってもたらされた土師器が
土着の続縄文土器と接触したものと考えられているらしい。

**********

白・赤・黒...白い地肌に火襷のような赤、黒いこげ。
口は大きく欠けていますが、表情ゆたかな土器です。
古墳時代までは下らず、弥生土器の範疇にいれてよいと思うのですが...?
<口径16 / 高さ14㎝> ¥16,000 (売約)
a0259182_214083.jpg
a0259182_214847.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-09-23 21:12 | 陶磁器


<< 李朝の瑠璃      平和島全国古民具骨董まつり(2... >>