骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:陶磁器( 124 )


2016年 09月 23日

表情ゆたかな土器

<アップデート>
現物をご覧になった方にご教示いただいたのだが、白い土や全体に施された擦文から
北海道・東北地方北部に分布する擦文土器(7~13世紀頃)かもしれないとのこと。
擦文土器は奈良・平安時代における大和朝廷の北進によってもたらされた土師器が
土着の続縄文土器と接触したものと考えられているらしい。

**********

白・赤・黒...白い地肌に火襷のような赤、黒いこげ。
口は大きく欠けていますが、表情ゆたかな土器です。
古墳時代までは下らず、弥生土器の範疇にいれてよいと思うのですが...?
<口径16 / 高さ14㎝> ¥16,000 (売約)
a0259182_214083.jpg
a0259182_214847.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-09-23 21:12 | 陶磁器
2016年 09月 05日

タイルの積木

積木で遊ぼう。
どちらかと言えば大人用です。
フランスのものだと思いますが...? (売約)
味のいいブリキの箱に組んでみました。
a0259182_2362683.jpg

a0259182_2364157.jpg
a0259182_2365358.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-09-05 23:08 | 陶磁器
2016年 08月 15日

やめた結果~古伊万里大鉢

本来は色絵鉢になるはずでした。
高台まわりと口縁に呉須で模様を描いたものの、へたれてしまいました。

冷静な現状認識と場合によってはやめる勇気、大事だと思います。

江戸の頃から今にいたるまで、商品となり得なかった鉢をおもしろがった人々に感謝。
不完全を好む店主はやめた結果よし!と快哉を叫んだのでした。
清々しい鉢です。

江戸後期 <径27-28 / 高8.5㎝>
a0259182_1412379.jpg

a0259182_1412442.jpg
a0259182_14125254.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-08-15 14:13 | 陶磁器
2016年 08月 03日

破天荒な鉢

ちんまりとおさまっていない、破天荒な鉢です。
インドネシアの海上がりだそうです。
中国南部かタイあたりのものでしょうか?
力強い鎬、見込みのビードロも豪快、高台まわりの疵も豪快。
<径18.5-20 / 高10.5㎝> (売約)
a0259182_198256.jpg

a0259182_1982020.jpg

a0259182_1983130.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-08-03 19:10 | 陶磁器
2016年 07月 31日

三色揃いぶみ~!成島焼の大皿

成島(山形県)の大皿、三色揃いました。
a0259182_137351.jpg

黒々した飴色 <径28 / 高8㎝> (売約)
a0259182_1472682.jpg

枇杷色 <径25.5 / 高6㎝> (売約)
a0259182_147407.jpg

灰青色 <径29.5 / 高8㎝> (売約)
a0259182_1475696.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-07-31 01:50 | 陶磁器
2016年 04月 28日

無骨ですが...常滑大平鉢

無骨ですが、なかなかの魅力をもった鉢なんです。
a0259182_1848411.jpg

ルーシー・リーの溶岩釉を思わせるテクスチャ。
a0259182_18482792.jpg

見込みにはビードロ釉。
a0259182_18485468.jpg

常滑大平鉢 鎌倉時代 <径30 / 高13㎝>
割れの直しがあります (売約)
[PR]

by umakoshii | 2016-04-28 18:52 | 陶磁器
2016年 04月 25日

蚕豆の皿~唐津皮鯨

蚕豆の皿、と決めたわけではないが、今の季節ちょうどいい。
疵がいっぱい(黒漆と銀で繕われています)、でも、かわいい皿です。
桃山~江戸時代 <径10-12㎝> (売約)
a0259182_2046396.jpg
a0259182_20461671.jpg
a0259182_20462621.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-04-25 20:47 | 陶磁器
2016年 04月 04日

渋すぎる桜~絵瀬戸皿

ちょっと珍しい絵瀬戸皿です。
黄釉地に鉄絵で桜花が大胆に描かれ、サイズも小振りです。
染みがすごい!(油ではなく汁系の染みのようです)
口縁にソゲの金繕いが3ヶ所あります。
幕末~明治頃 <径19 / 高4㎝>
a0259182_15421.jpg
a0259182_1541669.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-04-04 17:18 | 陶磁器
2016年 04月 02日

おうちで花見酒

今日、明日は満開の桜の下、どこも花見客でごったがえしているでしょう。
外は結構うすら寒いしな~、おうちでのんびり花見酒もいいか。
a0259182_17505250.jpg

a0259182_17515477.jpg

a0259182_17524696.jpg

a0259182_17531243.jpg
a0259182_17533120.jpg

花器にしたのは大振りの李朝堅手徳利(容量4合) <底径7 / 高16㎝>
かわいい盃は4千円~6千円とお値ごろな品。
左上: シノワズリーな文様のフランス製(ソーサーとはぐれた?) <径8 / 高4.5㎝> (売約)
下:  桃をはじめ4種類の文様が楽しい中国明末頃のもの <径 6.5/ 高3㎝> (売約)
右上: 古伊万里瑠璃酢猪口(ニュウあり) <径 5/ 高4.8㎝> (売約)
[PR]

by umakoshii | 2016-04-02 18:12 | 陶磁器
2016年 03月 02日

縄文の眼

縄文土器としては地味ですが、このなんでもない形が好きです。
黒い焦げが作り出す景色が渦のようでもあり、眼のようでもあり。
この縄文の眼は長い長い年月、何を見てきたのでしょう。
人間は果たして進化しているのか、退化しているのか...
縄文晩期 青森県出土 <口径8.5 / 高15㎝> (売約)
a0259182_2359798.jpg

a0259182_013238.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-03-02 00:04 | 陶磁器