骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:陶磁器( 128 )


2015年 09月 17日

この貫禄..その2~瀬戸黄釉片口

庶民の台所でよ~く働いてきた、懐の深~い、瀬戸黄釉片口です。
この深さと黒々とした高台まわりはどうじゃいね!(どこの言葉だ?)
見込みの表情もいいんよ。
江戸幕末頃 <径21 / 高11.5> (売約)
a0259182_2403241.jpg
a0259182_2405265.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-09-17 12:05 | 陶磁器
2015年 09月 15日

おしゃれな印判

お手頃価格で、ちょっとおしゃれな印判皿。
鍋島を写した青海波と千鳥、変形市松、富士や~ま~、などなど。
普段使いで食卓を楽しく。
a0259182_15181593.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-09-15 15:18 | 陶磁器
2015年 09月 12日

どっしり構えて~唐津船徳利

このところブレまくりで無責任なお偉方(?)には、どっしり構えて、ブレず、
でも謙虚に、国民の声に真摯に耳を傾けてほしい。

この唐津船徳利を見ながら、そんな思いを強くしました。
江戸時代 <底径14 / 高20㎝> (売約)

千葉市美術館さや堂ホール「インスタレーション」に出品したもの、
今度の平和島に持っていきます。
a0259182_10103123.jpg

a0259182_10105555.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-09-12 10:13 | 陶磁器
2015年 08月 26日

あこがれの...~古伊万里角徳利

** インスタレーションに出品予定のものをご紹介 **
あこがれの古伊万里角徳利に巡り合えた。
亀甲文がモダンな逸品。
日本民藝館の所蔵品に同手のものがある。
江戸中期~後期 <底辺5 / 高19㎝>
a0259182_1481162.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-08-26 14:08 | 陶磁器
2015年 08月 25日

マイ ファニー シーサー

My funny Seesaa
Sweet comic Seesaa
You make me smile with my heart

そんな琉球のシーサー。
傍にいてくれると嬉しい。

江戸時代はあると思うのだが?
→沖縄の焼物に詳しい大先輩に伺ったところ、明治以降の古琉球焼とのこと。
  勉強不足で見たてが甘く、申し訳ありません。、
<高9~10 / 長9~10.5㎝>
a0259182_111653.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-08-25 11:17 | 陶磁器
2015年 08月 14日

白い酒器~堅手のべた底

さあ、今日もよく働いた(?)
夜風はまだ昼のほてりを残している。
まずはビール、その後の日本酒はこんな盃で。
堅手のべた底、やっぱりいいですねぇ。
見込みの青白い釉薬を愛でつつ。
李朝時代 <経7.5 / 高2.7㎝> (売約)
口縁に2ヶ所金繕あり
a0259182_22214746.jpg
a0259182_2222275.jpg
a0259182_22221654.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-08-14 10:00 | 陶磁器
2015年 07月 06日

この直し、おしゃれ!~古唐津小徳利

すごくおしゃれな直しが施された古唐津の小徳利をご紹介しましょう。
野武士のような荒々しい焼きあがりと、ちんまり・ころんとした形にしっくり馴染んだ直し。
主張しすぎず、かといって埋没もせず。

ひとつめの徳利
口と窯疵らしき部分に濃緑の梨地直し
底は貝高台になっている
<最大径7 / 高11.5㎝、容量0.7合ほど>
a0259182_17502332.jpg

a0259182_17513640.jpg


ふたつめの徳利
口は燻銀、首と胴の継ぎ目は黒漆(首飾りみたいでしょ)
藤の川内窯ではないだろうか
<最大径8 / 高11㎝、容量1合> (売約)
a0259182_17365484.jpg

a0259182_17371885.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-07-06 17:54 | 陶磁器
2015年 05月 26日

稲妻の土器

俄かにわきおこった黒い雲から稲妻が!
そんな風情の弥生土器。
普通は「土器に銀継..!?」という感じだけれど、これはおもしろい。
小さな底からぐぐっと立ちあがった造形もカッコイイ。
弥生時代。<高22㎝> (売約)
a0259182_129329.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-05-26 12:07 | 陶磁器
2015年 04月 28日

沖縄の焼物でラストショー~黒佗助

「今頃、椿?」とおっしゃるなかれ。
黒佗助は椿の中で最後に咲く品種らしい。(3~4月)
共演するのは沖縄の焼物。
a0259182_13571325.jpg

左は一部施釉された焼締。(窯不詳) 形と膚がおもしろいでしょ。
<径9 / 高10㎝> (売約)
a0259182_13573411.jpg

右は壺屋の黒釉瓶子(ビンシー)で、荒々しい釉流れが「売り」。
<径5.5 / 高11㎝> (売約)
a0259182_1358472.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-04-28 14:01 | 陶磁器
2015年 03月 23日

パンプキンと山口長男

山口長男...なわけ、ない、ない。
貧乏骨董屋は、見込みの表情に山口長男を妄想して遊んどります。
a0259182_16241532.jpg

使いこまれたレッドウェア(パンプキンとも呼ばれる)のパイ皿です。
何度も火にあたり、釉がはがれた部分も黒く焼締っています。
a0259182_16242827.jpg

裏側も黒々。
a0259182_16244336.jpg

アメリカ 19C <径27 / 高4㎝> (売約)
[PR]

by umakoshii | 2015-03-23 16:26 | 陶磁器