骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:漆( 8 )


2017年 03月 30日

桜満開~雪月花漆椀

花冷えの今日この頃、桜満開までには今少し時間がかかりそうです。
こちらは桜満開、金・銀・螺鈿を使った雪月花漆椀。
使用のやつれが見られますが、華やかで品のある品です。
時代不詳 <径13.5 x 蓋を含む高さ9.5㎝>
a0259182_1120267.jpg
a0259182_11201586.jpg
a0259182_11202639.jpg

[PR]

by umakoshii | 2017-03-30 11:21 |
2016年 09月 07日

朱と黒にドキッ!

朱と黒の組み合わせにときめく。
古典的でありながら、新しい。
利休形朱黒漆掛分角大平 <22.5 x 22.5㎝> (売約)
a0259182_095993.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-09-07 16:23 |
2016年 08月 04日

真面目な道具です~漆桶

骨董としての地位を得た「ザ・漆桶」ではないかもしれない。
せいぜい三~四十年か? 
だが、「これは道具だ」と思わせる真面目さが好もしい。
ヘラ痕で、口部分はギザギザしている。
<径8-9.5 / 高23㎝> (売約)
a0259182_2222651.jpg

[PR]

by umakoshii | 2016-08-04 22:23 |
2015年 12月 16日

金銅仏と厨子~黒展で

紹介する2点は黒展に出品します。
金銅仏は4㎝にも満たない小さな仏様です。
a0259182_13271641.jpg

a0259182_13272913.jpg
a0259182_13273765.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-12-16 13:28 |
2015年 10月 12日

ついつい...漆火薬入れ

a0259182_165825.jpg

火薬入れに出会うと、ついつい仕入れてしまう。
木製の漆掛、素朴でありながらスタイリッシュだ。
<巾7.5 / 高13.5 / 厚み3.5㎝> (売約)
a0259182_17185166.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-10-12 17:19 |
2014年 03月 04日

やっぱりいい~根来

根来足付角切膳を仕入れました。
やっぱり根来はいいですね~...
しっかりした作りで、擦れも好もしい膳です。
足の床につく部分に1か所傷みがありますが、
使用には全く問題ありません。
まずはこの辺から根来入門してみてはいかが?
江戸時代。 (売約)
a0259182_23394740.jpg
a0259182_2340685.jpg
a0259182_23401836.jpg
a0259182_23403230.jpg

[PR]

by umakoshii | 2014-03-04 23:45 |
2013年 09月 21日

クール・漆(ジャパン)

ご存じのとおり、漆は海外で「ジャパン」と呼ばれる。
今開催中の平和島古民具骨董まつりで、素敵なお客様のもとに巣立っていった品だが、
是非紹介しておきたい。
乾漆(型に麻布を漆ではり重ねて固める技法)の銘々皿、まさにクール・ジャパンでしょ。
a0259182_4243486.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-09-21 04:25 |
2013年 02月 24日

黒白、赤と黒

池波正太郎やスタンダールではありません。
日本の道具の紹介です。
まずは繭皿(だと思うのですが)。
薄い木地(以外と手取りが重い)に和紙を張り、黒漆をかけているようです。
周囲の漆が剥げて、白がのぞいて...う~ん、カッコいい。
<径28 / 高5.5㎝> (売約)
a0259182_1894590.jpg


次は日の丸皿。
漆の状態から、そこそこ古いことがうかがえますが、状態はよいです。
(漆の写真は難しい、実際の色は赤も黒ももっと深くあざやかです)
これにのせたいもの?...うさぎやのうさぎ万頭、長命寺の桜餅、言問団子、
茂助だんご.....(まだまだ続く)
<径16 / 高2.5㎝> (売約)
a0259182_18103981.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-02-24 18:11 |