骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

デコなアジサイ~印判皿

デザイン化されたアジサイがおもしろい印判皿。
使いやすいですよ。
大正から昭和といったところか。 <径12.5㎝>
(売約)
a0259182_19313816.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-29 19:31 | 陶磁器
2013年 06月 25日

サビ、寂、錆~ブリキのもの

今日は錆たブリキのものをご紹介。
こういうものに出会うと素通りできない。
a0259182_1111989.jpg

ブリキの自動車。
<長さ16/巾6/高さ7.5㎝> (売約)
a0259182_1121784.jpg

ブリキの剃刀ケース。
<長さ11/巾5/高さ3㎝> (売約)
a0259182_1119566.jpg

a0259182_1120029.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-25 11:20 | 金工
2013年 06月 16日

夏を先取り~両刷毛目平茶碗~

カラ梅雨、ムシムシ...降るならちゃんと降れという感じだが、よりにもよって
日曜日に降るとは...大江戸骨董市は中止...トホホ。
夏茶碗にちょうどいい両刷毛目平茶碗を持って行くつもりだったのに。
7月までおあずけだが、WEB骨董市してしまおうか。
白い刷毛目の勢いがよく、茶碗の外側口縁に火間(釉薬のかからない個所)がある。
発掘ものらしく、味わいはいまひとつだが、育てる楽しみがあるというもの。
この季節、冷たい抹茶でせめて気分はさわやかに。
李朝前期 <径14.5 / 高4㎝> (売約)
小ホツとニュウの本金繕いあり。
a0259182_23124465.jpg
a0259182_23132263.jpg
a0259182_23133892.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-16 07:36 | 陶磁器
2013年 06月 14日

ゴリゴリした匣鉢

匣鉢がおもしろい。
どんな草花と合わせてみようか、と意欲をかきたてられる。
以前紹介した美濃匣鉢はカリカリという感じ、一方今回紹介する
信楽(だと思う)匣鉢はゴリゴリという感じ。
時代不詳。 <径15~17 / 高10㎝>
a0259182_11285333.jpg

匣鉢に山紫陽花紅。
最初は白い花弁が紅になるらしい。
a0259182_1132095.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-14 11:33 | 陶磁器
2013年 06月 10日

道具になりきれなかったが...

この丹波のぶち割れ鉢、釣針を作る時の道具だとか。
(以前の記事「新緑の楓」で楓をいけたもの)
鉄を溶かすのか、冷ますのか、その道具として焼成されたのに、
窯の中でへたり、割れてしまった。
道具になりきれなかったが、それゆえに造形としておもしろくなった。
(売約)
a0259182_23323545.jpg

今日はユリをいけてみた。
a0259182_23255662.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-10 23:33 | 陶磁器
2013年 06月 06日

江戸のモダン~柿右衛門手の白磁皿~

柿右衛門手の白磁変形長皿。 
もともとは向付として作られたものかもしれない。
江戸時代に作られたモダンなものは多々あるが、
これもそのひとつだと思う。
現代の暮らしの中で、洋風にも使えて重宝。
江戸時代中期。 <長径15.5 / 高4.5㎝>
a0259182_2334158.jpg

a0259182_2342889.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-06-06 23:06 | 陶磁器