<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 30日

鎌倉古美術展まで、あと10日

『秋の鎌倉古美術展』が近づいてまいりました。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。
a0259182_1153358.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-10-30 11:54 | イベント
2013年 10月 20日

大江戸に出品予定だったもの~初期伊万里盃

9月に続いて天候不順による大江戸骨董市の中止...トホホ。
もっていく予定だった初期伊万里盃をふたつ、ご紹介しましょう。
現物は次回大江戸(11月3日)でご覧くださいね。
染付干網文  <径5-6 x 高3㎝>
白磁(グレー) <径4.5-6 x 高3.5㎝> (売約)

a0259182_22433417.jpga0259182_22441721.jpg
a0259182_22493415.jpg
a0259182_22495735.jpg








  
[PR]

by umakoshii | 2013-10-20 22:53 | 陶磁器
2013年 10月 15日

あら、富士山?

手作りされた、素朴な、貧乏くさい木工、嫌いではありません。
これは状差なのか、台所で物入れとして使われたものなのか?
あるお客様が「富士山かな?」とおっしゃった。
そういう眼で見ると、木目がむら雲のように見えてくるから不思議。
<巾14 x 奥行7.5 x 高さ18.5㎝> (売約)
a0259182_11483142.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-10-15 11:49 | 木工
2013年 10月 08日

草創期はおもしろい~初期伊万里菊文皿~

初期伊万里菊文皿のご紹介。
稚拙とも思える菊の絵、でも、そんじょそこらの陶工には描けないと思います。
菊の配置の妙、ダミ呉須のむらも味があります。
へたれも初期伊万里のお約束、気になるものではありません。
草創期の自由闊達さ、エネルギー、モダンさにう~んと唸り、その頃の陶工に
喝采を送りたくなります。
ホツの金直しが2ヶ所あります。
江戸初期 <径14.5㎝> (売約)
a0259182_17164788.jpg

a0259182_1717101.jpg
a0259182_17173662.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-10-08 17:30 | 陶磁器
2013年 10月 02日

朽葉と蝸牛

町田市立博物館の帰り道、おもしろい枯れ枝を見つけた。
朽葉が1枚だけ残っている。
a0259182_1957310.jpg

a0259182_1957688.jpg

なんとその裏に蝸牛が!
a0259182_19575125.jpg

蝸牛を見るのはいつ以来だろう。
生きているのか死んでいるのか?
濡れた紫陽花の葉に移してやると...
つのでた、やりでた、あたまでた!
a0259182_19575791.jpg

[PR]

by umakoshii | 2013-10-02 19:59 | その他