骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 28日

夏の骨董市(2015)のお知らせ

夏の骨董市に参加いたします。

日時: 2015年7月31日(金)-8月3日(月) 12-19時
場所: t.gallery (港区芝3-16-2)
     都営大江戸線赤羽橋駅から徒歩3分
     MAPはこちら
出店: 大隅コレクション ・ギャラリーULALA ・ギャラリー紬 ・t.gallery ・骨董うまこし
(各自不定期に在廊いたします)

5人の仲間が品物を持ち寄って開催する4日間の骨董市です。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。
a0259182_1047574.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-07-28 10:48 | イベント
2015年 07月 24日

いい味出してるねぇ

なぜか惹かれてしまいました。
本来の役目は果たせず、残欠であるにもかかわらず。
良く働いたものたちが醸し出せる味なのでしょうか。

スウェーデンの分銅式時計
a0259182_1502153.jpg

a0259182_1504230.jpg


鑿(のみ)の先
a0259182_1505992.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-07-24 15:01 | その他
2015年 07月 13日

暑いときは...~和ガラス盃洗

お日様が照ってるとうれしい、しかし、暑い~!!
そんな時はビールをぐびっ、スイカをがぶり、水まき、水まき...
そして、ガラスでしょ。
葡萄文のグラヴュールがいい感じの盃洗です。
高台もかわいい。
明治~大正 <径12 / 高10㎝>
a0259182_11445742.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-07-13 11:53 | ガラス
2015年 07月 06日

この直し、おしゃれ!~古唐津小徳利

すごくおしゃれな直しが施された古唐津の小徳利をご紹介しましょう。
野武士のような荒々しい焼きあがりと、ちんまり・ころんとした形にしっくり馴染んだ直し。
主張しすぎず、かといって埋没もせず。

ひとつめの徳利
口と窯疵らしき部分に濃緑の梨地直し
底は貝高台になっている
<最大径7 / 高11.5㎝、容量0.7合ほど>
a0259182_17502332.jpg

a0259182_17513640.jpg


ふたつめの徳利
口は燻銀、首と胴の継ぎ目は黒漆(首飾りみたいでしょ)
藤の川内窯ではないだろうか
<最大径8 / 高11㎝、容量1合> (売約)
a0259182_17365484.jpg

a0259182_17371885.jpg

[PR]

by umakoshii | 2015-07-06 17:54 | 陶磁器