骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 13日

楽しく歯磨いたしませう

歯磨粉が入っていたガラスビンである。
ラベルには右書きで「ライオン歯磨」、「株式會社小林商店」と書かれている。
小林商店は大正7年に創業され、昭和24年にライオン歯磨と社名変更された由。
なので、昭和24年以前のものということになる。
ガラスの質感やラベルに、昭和のかおりを感じる。
<径6.5-7㎝、高6.5㎝>
a0259182_1447379.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-04-13 09:00 | ガラス
2012年 04月 10日

一目ぼれ

南青山のSUNDRIESで若手陶芸家の吉田次朗さんの作品に出会い、一目ぼれしてしまった。
a0259182_13521123.jpg

カッコイイでしょう。
Lucie Rie(持ってないけど...)やBerndt Friberg(持ってないけど...)の作品と並べて
みたくなる。
a0259182_1355532.jpg

こちらは同じく吉田さん作の可愛いラッパ。 塗師道具の木枠(売約)と組み合わせてみた。

a0259182_20574191.jpg

かたわらに古い鉄燗鍋(売約)を置いてみると...モダンデザインが時代を超えて出会った。 
白い盃はイタリアの女性陶芸家Christiane Perrochonさんのもの。
[PR]

# by umakoshii | 2012-04-10 14:24 | 陶磁器
2012年 04月 08日

桜の花の下

この時期はどうしても桜の話題が多くなってしまいますが...
強風の先日、折れて道端に落ちていた桜の小枝を拾ってきて、水にさしておいたら
堅かった蕾が開いてきた。 うれしい!
そういえば、今日は花祭...誕生仏の代わりに元興寺千体仏にお出まし願った。
a0259182_108458.jpg

桜をいけているのは粉青象嵌柳魚文壺 <最大径13センチ/高14.5㎝> (売約)
[PR]

# by umakoshii | 2012-04-08 09:00 | その他
2012年 04月 06日

律儀者

水しかあげていないのに、毎年4月になると芽を出し、花を咲かせる鐙(あぶみ)草。
里芋科に属し、花姿が馬具の鐙に似ているところからの花名とか。
鉢カバーにしているのは木製の水汲みである。
インドネシアのスンバ族のものらしい。
両方とも律儀者という感じがする。
a0259182_15183731.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-04-06 10:00 | 木工
2012年 04月 03日

春の嵐と桜

桜開花とともに春の嵐がやってくる。
今年は台風なみの風と雨だ。
せっかく開きかけた桜、この風にもちこたえてくれるとよいが。
部屋の桜も、春の嵐の中で耐えている仲間を案じていることでしょう。
お出かけかの方は気をつけてお帰りください。

a0259182_16355970.jpg

瀬戸尾呂窯(売約)の徳利にいけた桜。

a0259182_16362278.jpg

墨壺(売約)と桜花。
[PR]

# by umakoshii | 2012-04-03 16:53 | その他
2012年 04月 02日

『西荻骨董好きまつり』出店のお知らせ

『西荻骨董好きまつり』が今週末に開催されます。
a0259182_10543114.jpg

日時: 2012年4月7日(土)-8日(日) 9:30-17:00
場所: 井荻會館(杉並区西荻北4-35-9)
土曜日と日曜日で出店者が変わります。
「骨董うまこし」は土曜日に出店いたします。
ご来場を心よりお待ちしていますので、是非お出かけくださいませ。
[PR]

# by umakoshii | 2012-04-02 10:00 | イベント
2012年 03月 30日

ガツンとした飴釉ジャー

ヨーロッパのものだと思うが、どこの国の産かははっきりしない。
小ぶりだけれど、堂々としている。
口辺の欠け、ひっつきをはがしたような跡、火があたった部分があるが、
それらがジャーの魅力を減じてはいない。
<径(口部分)7㎝/高10㎝> (売約)
a0259182_23204582.jpg


クリクスマスローズをいけてみた。
おっ、なかなか花うつりがいいではありませんか。
a0259182_23273886.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-03-30 10:00 | 陶磁器
2012年 03月 23日

半島のカーブ

傷みがあって、実際の用には難しいのだけれど、形が美しいので買ってしまったものをご紹介。

李朝の竹編籠である。皮で縁取りしてある。得も言われぬカーブがおもしろい。
穴があいていても、いいのだ。 (売約)
a0259182_15165038.jpg


もうひとつは高麗の砂張(響銅、佐波里とも書く)の匙である。
やはり少々傷みがあるが、質感と柄の部分のカーブが美しい。
a0259182_1523231.jpg


半島のフォルム...かっこいいなあ。
[PR]

# by umakoshii | 2012-03-23 20:18 | その他
2012年 03月 16日

梅文燗鍋で一献

寒風の中で春の兆しを告げてくれる梅の花。
早咲きから遅咲きまで12~3月を咲き継ぎ、私達の五感を楽しませてくれる。
春告草(はるつげくさ)、香散見草(かぎみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)の異称をもつ。
今年は寒かったから、水戸偕楽園の梅の開花が遅れているとか。
もうしばらく梅を楽しめそうです。
たまには燗鍋で一献かたむけましょうか...鉄の梅花を楽しみつつ。
「うめ~」...ま、はしたない...失礼いたしました。

a0259182_17373897.jpg

a0259182_17433555.jpg

(売約)
[PR]

# by umakoshii | 2012-03-16 10:00 | 金工
2012年 03月 09日

吾輩は土人形の猫である

吾輩は土人形の猫である。
簡単にはゴロニャンしない猫であ~る。
生国は堤かもしれないが、はっきりしない。
身長というか座高というか7㎝であるが、小粒でもピリリと辛いのだ。(売約)
a0259182_2157237.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-03-09 21:57 | その他