骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 17日

疵があってはいけませんか?

桃山古陶などは繕いも景色として愛でられるが、「磁器の疵はどうもいけない」というのが
一般的な評価であるように思われ、値段も安い。
そりゃあ、完品にこしたことはない...かもしれないが、おもしろみのない完品より、
魅力的な「残念もの」の方がいいなあ。
ま、貧乏骨董商のあがきであるが、上手のものや見どころのある完品は高嶺の花なので、
手がとどく範囲で、「疵はあるが見どころもあるもの」を仕入れたいと願うのですよ。
きちんとした繕いがされていれば、品格をそこなうものではない。
お客様にも、お求めやすい価格を提示できる。

古伊万里雨降り文猪口(~江戸中期)
<径7.6 x 高5.5㎝> (売約)
a0259182_1425882.jpg


古伊万里印判雀文猪口(~江戸中期)
<径7.8 x 高5.3㎝> (売約)
a0259182_1425454.jpg


古伊万里柿右衛門様式猪口(江戸中期)
<径7.7 x 高5㎝>
a0259182_1426485.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-06-17 14:27 | 陶磁器
2012年 06月 17日

イベントのお知らせ

本日17日の大江戸骨董市は天候不順のため中止になりました。
もう雨は降っていないし、午後は晴れ間もありそうだし、残念です。
ご来場予定だった皆様、申し訳ありません。

次の参加イベントは『東京アンティークサロン』です。
日時 2012年06月24日(日) 11:00 〜 18:00
場所 LAS CHICAS AOYAMA( ラスチカス 青山 )地下1階
    東京都渋谷区神宮前5-47-6
    (最寄り駅:東京メトロ表参道駅 B2出口)
2か月に1回開催されており、まだ3回目の新しいイベントです。
今回、初参加いたします。
是非、ご来場くださいませ。
a0259182_8104978.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-06-17 08:02 | イベント
2012年 06月 15日

あら、似てる!?

あら、この2つ似てる!?

李朝染付鎬小壺。
後期頃の油壺ではないかと思う。
口欠けとニューがあるのが残念だが、珍品である。
<径11 x 高8㎝> (売約)
a0259182_23344948.jpg


ガラスのオイルランプ壺。
口が2つ、底には花型、ゆらぎガラスの質感がチャーミングな一品。
<径12 x 高7.5㎝> (売約)
a0259182_2341323.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-06-15 10:08 | 陶磁器
2012年 06月 09日

姿がいい~李朝刷毛目碗

いい姿の李朝刷毛目碗である。
高台から口縁への立ち上がりの線がすばらしい。
釉薬のかかりがうすいため、刷毛目がやさしすぎる感があるが、
水分を含むと刷毛目にそってついた味が濃くなり力強さを増す。
大振りだが、薄作りなので、手取りは案外軽い。
李朝前期 <径16.8 x 高7㎝> (売約)
a0259182_10223639.jpg

a0259182_224613100.jpg

a0259182_22284168.jpg

a0259182_2229265.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-06-09 22:51 | 陶磁器
2012年 06月 01日

塗師道具の積木

こういうのを見ると、思わず反応して、つい買ってしまうんだなあ。
塗師道具らしいが、置板の足として使われたのだろうか。
こんな並べ方やあんな並べ方...たまには大人も積木で遊ぼ!
(1個のサイズ 4x2.7x6.5㎝)
a0259182_1744021.jpg
a0259182_17442633.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-06-01 13:14 | 木工
2012年 05月 30日

のびたクン

のびる、のびる、こんなに伸びたよ!
フェンネル(=ういきょう)です。サーモンなどに添えられているハーブです。
今の季節は植物がぐんぐん成長する。
あまり料理に使われることなく、伸びるにまかせ、花まで咲いた。
a0259182_18573910.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-05-30 20:06 | その他
2012年 05月 25日

初期伊万里の矜持

a0259182_2324670.jpg

すきっとした形、白磁の色もよく、鎬も力強い。
...が、反対側から見ると...
a0259182_2331611.jpg

とはいえ、君が初期伊万里であることにはかわりない。
その魅力は充分伝わってくる。
このままでいるもよし。
呼び継ぎできる相方が現れるのを待つもよし。 (売約)
[PR]

# by umakoshii | 2012-05-25 09:00 | 陶磁器
2012年 05月 18日

路傍の花と響きあう

最近、買物の行き帰りは目線を低くして歩いていることが多い。 
街路樹の根もとにも、道端にも、色々な花が咲いている。
今日は初夏の一日花「昼顔」を楽しませていただこう。
3つの器にいけてみた...素朴な焼物は路傍の花と響きあう。

何度も火をくぐって、かりかりとした美濃匣鉢(さや)
a0259182_834430.jpg


ストーンウェア壺(ドイツ13~14C) (売約)
a0259182_17542232.jpg


ひしゃげた須恵器(or新羅?)高坏(売約)
a0259182_17542497.jpg

[PR]

# by umakoshii | 2012-05-18 09:00 | 陶磁器
2012年 05月 11日

大小

大小コンビ。
チッチとサリー、オール阪神・巨人、コブクロ...
そして、ここで紹介するものたち。
最初からコンビだったわけではなく、別々にやって来たものたちです。

a0259182_21465244.jpg

東北から出た引き出し箱。
大きい方<幅13.5㎝x高17㎝x奥行き27㎝>(売約)
小さい方<幅9.5㎝x高10.5㎝x奥行き15㎝>(売約)

a0259182_21465036.jpg

スウェーデンのガラス作家エリック・ホグラン(Erik Hoglund 1932-1998)のグラス
大きい方<径7.5㎝x高15㎝>
小さい方<径5㎝x高9㎝>

a0259182_21472439.jpg

チョイ古の御神酒徳利。伊万里の呉須ともベロ藍とも違う、ちょっとおもしろい紺色。
大きい方<底径3.7㎝x高11㎝>
小さい方<底径2.8㎝x高7.5㎝>
[PR]

# by umakoshii | 2012-05-11 09:00 | その他
2012年 05月 04日

ウイスキーはお好き?

おもしろい鉄の小皿を仕入れた。
油受け皿らしいのだが...この形!...おつまみ入れにどうだろう。
殻付きのナッツならいけるかも。 (売約)
グラス、グラスと...剣先コップより若い君、ガラスの質感はいまひとつだが、
低い面取りや底の感じは悪くない。 (売約)
普段はあまりいただかないのだが、ウイスキータイムもいいものですな。
先日、あるお宅でご馳走になった"ARDBEG”はスモーキーでおいしかった。
a0259182_6333185.jpg

平和島全国古民具骨董市(~5月5日)に出店中! 
[PR]

# by umakoshii | 2012-05-04 23:37 | その他