骨董うまこし

umakoshi.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 12日

余白の力〜藍九谷皿

可愛らしい絵と余白の妙に言葉もありません。寡黙でありながら、雄弁に何かを語っているようにも感じられる余白。
一方、鍔縁には墨はじきと薄ダミで唐草文が描かれ、手がこんでいます。
裏に1ヶ所ニュウがありますが、表には通っていません。
竹文の下に磁貫がありますが、透明釉部分のみで、裏には通っていません。
藍九谷竹鳥文皿 江戸時代前期 <径14x高2㎝> (売約)
明日は西荻骨董好きまつり、是非お運びください。
a0259182_16344592.jpg

a0259182_16353701.jpg



by umakoshii | 2018-10-12 16:28 | 陶磁器


<< 表も裏も〜錆びた看板      繕いも楽しむ〜波佐見白磁盃 >>